結婚式で笑ったサプライズムービー

結婚式では、感動したり笑ったりした思い出がたくさんありますが、一番笑ったのはサプライズムービーです。小さいころからの私と夫、お互いの成長から始まったと思ったら、お互いの兄弟姉妹による小さいころの思い出の場面の寸劇を始めたことです。ムービーなのでずっと終わるまでそれが続いていて、高砂にいるのに大笑いしてしまいました。夫の小さいころの思い出やバカをしたときの状況を、子供のころの服装を着て大人たちが行うので妙な雰囲気なのに笑えるのが不思議でした。

結婚式はサプライズムービーをすると言われていたのですが、実際には感動するような言葉をつなげてくれるのかな、と思っていました。ですが、当日に見てみると寸劇です。しかも身に覚えがあるようなバカなことをしていたことなどもたくさんあるので思わず笑ってしまいました。子供のころは真剣にやっていた変身ごっこも、大人になって大人がやっている子供の真似を見るのはおかしいと思いました。結婚式の思い出のひとつとしてとても記憶に残っています。子供のころを思い出すのと同時に、子供の真剣な行動は大人の目線からはこう見えているのだなと思いました。かわいらしいような、くすぐったいような気持ち、絶対に変身出来ると思っていたこと、小さいころはヒーローに憧れていたことなどを思い出しながら夫と二人で笑ってしまいました。

お互いの兄弟、姉妹のバカな寸劇を見ながらまるでお笑い番組を見ているような気分になりました。子供のころは楽しいことがたくさんあったけれど、サプライズムービーで見ることでとても懐かしく、またもう戻れない時間で、これからは新しく自分たちのように楽しい思い出を作ることが出来る子供を産みたいと思いました。彼にも一緒に自分と子供と一緒に新しく思い出を作って、子供が成長して結婚式を挙げるときにはサプライズムービーで見せてみるというのもいいな、とまだおなかにもいない子供のことを考えてしまいました。

結婚式はおばあちゃんとおじいちゃんにも出席してもらうことが出来て、一生の思い出になるのと同時に、小さいころの自分を大切にしてくれていた人たちをしっかりとこれからは支えていこうと思いました。いつか子供が出来たときは、将来の思い出とサプライズムービーのためにもたくさん大切にしたいと考えています。夫にも同じように考えてもらうことが出来るように、大切な時間を作っていくことにし、夫にも子供のころのようにたくさん笑ってもらうことが出来るように一緒に頑張ろうと覚悟をした時間でした。